発達障害とは

発達障害は、脳機能の発達が関係する障害であり、下記の図のように多様です。

特性や障害が見た目ではわかりにくいため、周囲の人からの理解を得にくいことがあり、

自分勝手・変わった人と誤解され、叱責を受けたり否定的な評価をされがちです。

このような体験の積み重ねが、自尊心の低下やストレスとなり、

鬱等の二次障害を発しやすくなります。

実は本人が、どうしたら良いのか一番苦しんでいます。

発達障害の特性を理解した上で、適切な対応や接し方、環境整備により、

本人は前向きな安定した気持ちで、日々を過ごすことができるようになります。

 

【工芸技能学院での主な配慮例】

①一日の流れ(スケジュール)を決めています。

②本人のできることをゆっくり指導していきます。

③多くを話しかけず、短く簡潔な言葉で伝えています。

④否定的な言葉は使用しません。

⑤年齢相応の接し方をします。

⑥静かで落ち着いた環境です。

 

【工芸技能学院の生徒さん達の声】

①ここは静かで落ち着き、安心していられます。

②騒がしい所・人が大勢いる所は苦手です。

③自分のペースに合った対応をしてもらえます。

④工芸の本格的な勉強が、とても面白く楽しいです。

⑤もっと工芸の勉強をして、自分を高めていきたい。

 

【保護者へのガイダンス】

 

 

【「大人になっても安心制度」の研修会講師を務めた事例】

<公立中学校・特別支援学級の教員向け>

<就労支援の職員・病院関係者・地域支援者向け>

 

【発達障害教育の講師を務めた事例】

実践女子大学・発達障害心理学専攻の学生へ

 

 


【発達障害教育支援の学校】工芸技能学院

お問合せ/ご相談、お気軽にどうぞ。

℡042-592-4353

✉k-kougeiginou@nifty.com

〒191-0034東京都日野市落川993(2F)


 

お電話でのお問い合わせ先042-592-4353受付時間 10:00-16:00 [ 土・日・祝日除く ]